<横浜ロイヤルパークホテル>
住所:〒220-8173 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1−3 横浜ランドマークタワー
アクセス:JR桜木町駅 徒歩5分
価格:一人当たり7000円~
チェックイン&アウト14:00~/ ~11:00 (プランによっては異なる)

横浜ロイヤルパークホテルとは?

日本で最も高いところにあるホテルのキャッチコピー通り、すべての客室が、横浜のランドマークタワー52階以上にあるという絶景のホテル。

OPENから23年を迎えても、いまだ圧倒的な各世代、国内外ゲストからの人気を誇ります。

世界の中でもとくに美しいといわれる横浜一帯の夜景に、眼下にみなとみらい地区の夜景も眺められるロマンチックなロケーション。

全ての客室が、ツインかダブル以上のお部屋しかなく、ビジネス客が圧倒的に少ない点でも、「本当に大人も子供も楽しめるホテル」として人気があります。

また、シティホテルでも特にうれしい、ビジネスサポートの受けられるワークセンターや、ベビーシッターサービスなどもあります。Wifi利用もレストラン、客室、ロビー等いずれも可能です。

総客室603室に対し、27~47m2のダブルルームが201室、37~47m2のツインが376室、そしてスイートもたっぷり20室です。
2.宿泊ホテル・旅館の宿泊レビューを執筆ください。

横浜ロイヤルパークホテルの客室とは?

客室の再下層は52階、最上階は67階です。通常の「レギュラーフロア」以外にも、64~66階が「クラブザランドマークフロア」の高級フロアです。

こちらのフロアの客室は、レギュラーフロアに比べて、さらに充実で幅広のゆったりとしたベッドを採用しています。また、60階が「スカイリゾートフロア」、67階が「トップオブスカイリゾートフロア」として分かれており、より豪華な雰囲気の味わえる室内空間となっています。いずれもまたエキストラベッド対応も行っており、1部屋3~4人家族や仲間での利用も可能です。

セレブ来日時に利用されることも多い本物件。とくにプレジデンシャルスイートルームは130m2もあり、ベッドをぐるっと半円取り囲むような窓配置や、クラシカルな中に現代調度がマッチしたインテリアなど、こちらも機会があれば見学させていただきたいほどです。

奥行きがある長い部屋も多いのですがかなり天井が高く、またクラスによらず、いずれのお部屋も「窓」が額縁のように引き立つ室内デザインのため、かなり広々と感じられます。

海側ではベイブリッジや横浜港、山側は夕暮れの富士山なども美しく見られます。高さ210メートル以上もある客室からだけに、町のあかりの影響を受けずに夜景が楽しめる点なども、一生に一度の思い出づくりにと人気が高いようです。

地上からは海霧などで見えにくい日でも、高層階側はクリアといった日もあり、高層階からだけでしか撮影できない自然がつくりだすカメラフィルタによる風景を楽しみたい方などの利用も多く見られます。

客室の窓サイズ自体はお部屋によっても、またコーナールームか否かでも大きく異なりますので、窓辺の景色重視で開放感のあるお部屋が好みか、またリビングやデスク、広々とした室内空間を優先させるかといった希望を伝えて相談してみるのも良いかと思います。

ちょっと変わったところでは67階プレミアムルームに、船を模したような丸窓のあるバスルームのお部屋がいくつかあります。丸窓から眺める夜景は、とくに港町情緒が感じられます。

営業を始めてからの年数も長く、各所の旅行サイトやカタログなどにも、さまざまなルームスタイルごとに、またフロアタイプごとに、写真が掲載されている場合もあります。直接そういったお部屋を写真から指定されるのも、おススメです。

レギュラールームでも十分に広く、窓辺の椅子からながめる風景が美しかったです。

大型ビル内の客室ですが、伺った当時は室内清掃が行き届いていて、においなどがほとんどない物件でした。また、客室フロア廊下が毛足が長く、朝の出発ラッシュ時ですら、とても静かで良かったです。

横浜パークロイヤルホテルのレストランや朝食は?

200室前後のホテルですが、広々としたレストランもいくつか設置されており、また、「本格的な」各国料理がバランスよく一通り館内で楽しめます。

日本料理、フレンチレストラン、中国料理、鉄板焼のほか、本格的なドリンクも楽しめるスカイラウンジ、カフェレストラン、そして落ち着きのあるメインバーなど、充実しています。もとより横浜なので、ほかにも市中に美味しいお店が沢山あり、ホテルで楽しめるのは朝くらいになってしまうのが惜しいような美味しいお店が多いです。

日本料理、フレンチレストラン、中国料理、スカイラウンジは高層階にあり、窓からの風景を眺めながらの食事で、宿泊ゲスト以外からも大人気です。

またなかでも特に、日本料理、フレンチレストラン、中国料理は、個室対応もしており、記念旅行から大切なビジネスミーティング、小さなお子さん連れやご年配と一緒で周囲にも気をつかう食事でも、落ち着いて安心の環境で、気兼ねなく楽しむことができます。

鉄板焼きはすべてがカウンター席で、シェフによる最適なタイミングでのサービスを、その仕事を楽しみながら味わえる、エンターテインメント性の高い座席配置となっています。

スカイラウンジではランチタイム、ディナー、カクテルタイムともに、生演奏やダンスなども多くの曜日で楽しむことができます。

70階のスカイラウンジでは朝とランチタイムのブッフェがあり、また地下一階のカフェではディナーブッフェもあります。

朝食はスカイラウンジと、和食の和定食などから選ぶこともできます。朝の美しい風景を眺めながらで、とても人気がある設備です。

丁度利用した際は、ほかのどのホテルよりもハムや肉類が美味しく、宿泊中とても偏食気味になったことを良く覚えています。ドレッシング類もとても凝っており、シンプルなものでも出来がよく、海外の高級ホテル品質のサラダが食べられる・・・などと同行で朝から興奮していました。

横浜パークロイヤルホテルの館内は?

結婚式や各種バンケットなどでも利用されることが多いこちらの施設では、滞在型の設備含めて、都市型ホテルのなかでも館内アクティビティと施設が充実しています。

プランによってセットされている、もしくは別途有償での利用となりますが1日3組限定のアロマテラピーサロン、フランスのオルラーヌを使用した高級エステなどがあります。アロマテラピーは客室でお願いすることも可能です。

ほかにも、宿泊者が有償使用できる広々としたプールのあるフィットネス、また観光でも記念旅行でも着物やドレスなどで楽しみたいとっておきの日にも対応してもらえる、ヘアセットなどの他着付けも含めて対応してもらえる理容室や美容室などがあります。

他に珍しいところでは65階に富士山を眺める茶室があります。

横浜パークロイヤルホテルのサービスは?

こちらで宿泊する際に特にうれしいのが、お部屋のデコレーションやルームサービスアレンジです。

ケーキ&ベーカリーも、花店も備えたホテルなので、到着後すぐに客室に花やケーキが届けられていたりといったサービスも可能。またケーキや花などは、かなり細かなアレンジまで対応して頂けます。

デコというより最近はやりのマジパンで造形したタイプのケーキにも近いような、チョココートや生クリームデコのケーキなどでもお願いできる技術レベルです。

お花に関しては、たとえば到着したベッドに花びらやフラワーデコレーションをお願いすることも可能でした。

もともと海外セレブ利用なども多い物件だけに、細やかなアレンジがリクエストできます。サプライズものをお願いするにも、細部まで相談に乗っていただけるところも嬉しいポイントです。

また、オリジナルグッズも豊富。菓子などのほか、個性的な客室キーを模したキーホルダーなど、宿泊の思い出を一生心に刻むアイテムも豊富です。

横浜パークロイヤルホテルにお得にとまる方法は?

高級シティホテルながら、旅行サイト各所でも取扱いがあります。お部屋クラスが大きく異なることもあり、各種プラン間でも料金はさまざまです。

シーズンによっては、1人あたり3000円前後から泊まれる、当日予約限定のお得な夜間チェックインプランなどもあります。また他にも、宿泊施設からのメールマガジンを受信しておくと、たまにかなりの割引プランがあります。

すこしハイクラスのビジネスホテル並みの値段になることもあり、コストパフォーマンスが高く、リピーター多で満足度も高いようです。

他にも、地方からなら、飛行機や鉄道利用のパック旅行を利用すると、シーズンや曜日によっては、かなりの割引額で宿泊することができます。交通費分が丸ごと浮くような価格設定のこともあります。

返事を書く