こんにちは。渡韓回数は20回以上。韓国料理もK-POPもファッションも大好きなアラサー女子のnidoです。

K-POPにハマったのをきっかけに3年前から韓国に通い続け、ソウル市内は様々なエリアを開拓してきました。今回は、「前に韓国に行ったけど、あんまりハマらなかった」「女の子同士でもっとソウルを満喫したい!」という方向けにおすすめエリアをご紹介します。

ソウル滞在のおすすめ地区1「東大門歴史文化公園」

東大門歴史文化公園は、ガイドブックなどで夜も眠らないファッション街として有名な「東大門(トンデムン)」のお隣の駅です。

お隣と言っても徒歩5分ほどなのですが、昔ながらの卸店や市場が多い東大門エリアに比べて、公園周辺は都市開発が進んでいます。

未来的な建築デザインの「東大門デザインプラザ(DDP)」を始め、「ドゥータ」や「LOTTE FITTIN」など若い女性や1人客でもデパート感覚で入れるお店も多数。2016年にはエリア最大級となる「現代シティアウトレット東大門」もオープンしました。

「でもキレイなお店は値切れないし、もっとオトクに購入したい!」という方には、「グッドモーニングシティ」もおススメ。韓国の地下鉄駅の地下街にあるようなお店が多数並んでいて、試着はできないことが多いですが、価格交渉をしながら購入することができるので、お友達と一緒のまとめ買いなどでかなりオトクに購入することができます。

東大門は夜からショッピングできるのが魅力です。夕ご飯を食べ終わって22時頃~深夜4時頃までお買い物をすることができます。地元の人も観光客も夜になってから東大門へ来るため、タクシーを捕まえる難易度がとても高いのです!

このエリアに泊まっていたら歩いて帰ることができますし、もしたくさん購入して荷物を置きたくなったら一度ホテルに戻ることもできるので、快適に買い物ができますよ。

東大門歴史文化公園エリアのおすすめホテル「コープレジデンス乙支路(Uljiro Co-op Residence)」

ホテル名:コープレジデンス乙支路 (ウルチロ)
住所:ソウル特別市 中区 乙支路 246
料金:8860円〜(ツイン)

ショッピングエリアからは徒歩7分ほど歩いたところにあります。

こちらのホテルはショッピングエリアからほど近く、また空港までのリムジンバスがホテルの目の前にありますので、まずはソウルに着いて荷物をホテルに置きに行くときも、出発時間までホテルで荷物を預かってもらって、それまでショッピングや観光を楽しむときもどちらもとにかく便利です。

また、レジデンスタイプのため食器やシンクなどがあるため、市場などで購入したキンパなどを持ち込んで朝ごはんに食べたりするのにも便利です。

ソウル滞在のおすすめ地区2:乙支路入口エリア

乙支路入口は、観光客がみんな行く「明洞」エリアの北側の玄関。明洞は言わずと知れたショッピング&グルメの街。しかし、明洞駅周辺に宿泊するよりも「乙支路入口」駅周辺に宿泊したほうが、どこへ行くにも地下鉄の便が便利なのです。

明洞は観光客向けのお店しかないと思っていますが、地元の人が利用するお店も多数あります。

その中で私のおすすめは2人以上で行くなら「モッシミョンドン」というトッポキ鍋の専門店。お鍋の種類や具材を選びながら、ポックンパ(チャーハン)まで作ってくれるのですが、最後のチーズポックンパが絶品!日本で食べたことのある甘辛いトッポキとはイメージが異なるので、ぜひ一度は食べてみてほしい料理です。

もし1人韓国の場合は「宮」というビビンパ専門店が入りやすくておススメです。平日のランチの時間に行くと周辺の会社で働くサラリーマンたちがみんなで来ていて、韓流ドラマの中のワンシーンを見ているような気持ちになります。

また、明洞エリアは朝ごはんもオススメがたくさんあります。ガイドブックなどにも載っているお粥の有名店「味加本」や世界一美味しいパンとしてブームになった「Rotiboy(ロティボーイ)」などいろんな種類があるので、ショッピング・グルメともにとても楽しめる街です。

乙支路入口地区のおすすめホテル「イビスアンバサダー明洞」

住所:ソウル特別市 中区 南大門路 78
料金:16000円〜(ツイン)

世界中にホテルを展開しているIBISグループのホテルで安心ですが、イビスアンバサダー明洞はとにかくアクセスの良さが魅力。空港からのリムジンバスが目の前に停まり、バスの中でもホテルのアナウンスが入るので初めての人でも間違えずに降りることができます。

乙支路入口駅からも徒歩1分ほどでどこかへ移動するにも楽ちんですし、ホテルの近くに美味しいお店やコンビニエンスストア、コーヒーショップなども多数あります。また部屋にはシャワールームしかありませんが、大浴場があるため、ゆっくり疲れをとることができておススメです。

ソウル滞在のおすすめ地区3「ソウル駅」周辺エリア

言わずと知れたソウル駅周辺エリア。空港~ソウル間の移動が「電車で移動する」派には便利なので、韓国旅リピーターでもソウルエリアへ宿泊する人が多いです。

何といっても駅直結の「ロッテマート」は、観光客でも買い物しやすいロッテ系の大規模スーパーマーケット。生活用品だけでなくお土産などもすべてが揃います。

韓国のお土産と言えば、韓国のりかチョコレートブラウニーが定番ですが、ロッテマートに行けば一味違ったお土産を購入することができます。お茶、ラーメン、お菓子などいろいろありますが、私のおすすめは歯ブラシ。かなり安くて日本では見ないような形状・デザインの歯ブラシや、漢方系テイストの歯磨き粉なども多数あります。買い物が終わったら、そのまま店内からEMSで配送することも可能でとにかく便利なんです。

買い物で疲れたら「Smoothy King(スムージーキング)」もおススメ。日本では見かけないスムージードリンクのチェーン店ですが、フルーティなスムージーを飲んで一休み。
ソウル駅からは南大門エリアや明洞エリアまでもお散歩できるので、元気があったらぜひブラブラ歩きながら行ってみてください。

ソウル駅周辺のおすすめホテル「ホテルマヌソウル(Hotel Manu Seoul)」

住所:ソウル特別市 中区 退渓路 19
料金:5970円〜(ツイン)

ソウル駅から少し歩くものの、ホテルなのにホスタル価格で泊まれるのが魅力のコスパ抜群のホテルです。比較的最近できたホテルなので建物の中もかなり綺麗です。

フロントは24時間対応で日本語が話せるスタッフもいるので、韓国語・英語がわからなくても大丈夫。南大門・明洞も歩いて行けるので観光やご飯などにも便利で、ソウル駅の立地の良さを堪能できるホテルです。ただしこの辺りの地下街は治安があまり良くないので、地上を通って移動するようにしましょう。

もう一度、韓国・ソウルを訪れる方へ

以前、韓国旅行には一度行ったことがあるけどあんまりハマらなくて、その後行っていないという方。ツアーで観光地と明洞、南大門、ソウルタワーを見ただけなのではないでしょうか?

ソウルはここ数年で都市開発が進み、インターネット大国としてSNS映えするフォトジェニックなスポットやグルメも多数登場しています。ぜひもう一度チャレンジしてみてくださいね!

返事を書く